Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

作業環境、改善しなければ(ハード面)

note-pc

現在の作業環境は改善が必要な状態にあります。一般のPCユーザーレベル、英語学習者レベルといった状況です。最終的には何から何までエルゴノミックな環境をそろえるのが目標です。

作業環境と言ってもいろいろあります。現状、自分に適した道具は椅子と机のみです。後は改善が必要です。全てひっくるめて考えてみたいと思います。

イスと机

一番初めに作業環境改善として購入したのはアーロンチェアです。腰痛改善! アーロンチェアのポイントと得られる効果まとめでも書きましたが、ぎっくり腰で座っていることもできない状態となり、できるだけ体に負担をかけず座っていられる椅子が必要となり、思い切って購入しました。今ではアーロンチェアのない生活は考えられません。

次に購入したのは机です。椅子はよくても、それに合った机がなければよい姿勢を保つことはできません。ただし、椅子のように高価なものではなく、重視したのは高さのみです。アーロンチェアに座り、そこから適切な高さを測りました。とはいえ、机と言えばたいていは同じ高さです。結局見た目で選ぶことになりました。

これで自分に合った椅子に座り、それに合った机に向かい、翻訳の学習をする環境は整いました。椅子と机のおかげで(椅子によるところが大きいですが)通信講座へも負担なく気持ちよく取り組めるようになりました。

コンピューター

ノート型かデスクトップか

机があると、そこに置くものがほしくなります。コンピューターです。妻と共同で使うPC(液晶一体型、Windows Vista)はあったのですが、やはり自分専用のマシンがほしくなります。一応デスクトップもどきがあるということで、ノート型を購入しました。

Windows 7 Home Premium 64ビット、CPUはインテルCore i7、メモリは8GB、HDDは1TB。見やすさなどを考え15.6型ワイドにしました。スペックは申し分ないと思うのですが、問題もあります。

15.6型ワイドというと大きくて重く、せっかくノート型なのに持ち運ぶ気にならなりません。プリンターは共同で使うPCの近くにあるため、そこまで持って行って出力するくらいはできるので良いのですが、外出する際持ち運ぶには大きすぎるし重すぎます。3kg近くあります。一度実家に帰省するとき持って行ったのですが、車だったのでよかったです。電車で移動したり、バッグに入れて徒歩で持ち歩くなんて考えたくありません。

本体だけで購入したいですね。今ならWindows 10でしょうか。本体だけとなると、思いつくのはDELLなど通販で購入するといったところでしょうか。家電量販店に行っても、最近はデスクトップが充実していないんですよね。液晶一体型はたくさんあるんですが。

キーボード

何時間もタイプしていると疲れます。ノートPCに限った話ではなく、デスクトップPCでも購入時に同梱されているものであれば同じことです。エルゴノミックキーボードがほしいですね。

モニターとキーボードと自分の距離も問題になります。どうしても合いません。モニターは目からある程度の距離を保ちたい、キーボードは体の近くがよい、でもノート型PCなのでモニターを離せばキーボードが遠くなり、キーボードを近づければモニターが近くなります。当たり前なのですが。やはりそれぞれが独立していないと、体に優しい作業環境は作れないと実感しています。やはりエルゴノミックキーボードがほしいですね。

有名なところではまずKinesis。お値段がそれなりにするのでおいそれと試すというわけにはいきません。

打鍵の負荷低減を考えるのであれば東プレのReal Forceでしょうか。形状は従来のキーボードと同じですね。

腕、手首、手の自然なポジションを重視し、Kinesisよりお手頃にと考えるのであれば、マイクロソフトの「Natural Ergonomic Keyboard 4000」があります。形状も角度もよさそうです。一つ気になるのはスペースキーの大きさです。変換にスペースキーを多用することを考えると使いにくいかなと考えてしまいます。

マイクロソフトにはさらにSculpt Ergonomicというのもあります。マウスつきとなしがあるようです。アイソレーションである点が好みの分かれるところのようですが、個人的にはさほど気にならないと思っているのでこれがよいかと思っています。買うならマウスなしでよいと思っています。

マウス

マウスって苦手なんです。マウスパッドの良しあしにもよりますし、ある程度の範囲はクリアにしておかないといけません。マウスパッドの質が悪いと思うように動かず、狭いとオブジェクトにぶつかることでマウスの動きが制限され、やはり思うように動かせません。マウス自体を動かさなくてもよいトラックボールを試してみたいと思っています。

LOGICOOLの「ワイヤレストラックボール M570t」がよさそうです。まずマウス自体を動かす必要のない点。従来のマウスと異なりボールを親指でころころするため慣れるのに少し時間がかかる可能性はありますが、使ってみたいと思っています。

変わったところでは、ContourのRollerMouseというのもあるようです。「ContourDesign RollerMouse Free2」か「ContourDesign RollerMouse Pro V2」は経済的に余裕があれば試してみたいものです。

モニター

15.6型ワイドはノート型で考えれば大きいのですが、翻訳などしていると、もっと大きい画面がほしくなります。いろいろなウィンドウを立ち上げて並べることはほぼ不可能です。無理して小さなウィンドウで並べるなんてまるで無意味です。

23~24インチ程度のものがほしいですね。まずは1台、そのうちもう1台購入してデュアルにしたいなと思っています。

照明

天井にある蛍光灯の位置に合わせて部屋のレイアウトを考えることは困難です。場合によっては蛍光灯を背負う形になるかもしれません。そうなるとデスクライトが必要になります。検討しているのは山田照明のZ-LIGHTです。やはり目に優しいというポイントは外せません。

PCメガネ

一日中画面に見入る仕事ですので、眼の疲労は心配ですし、視力の低下は致命的なものとなり得ます。ブルーライトを軽減してくれるPCメガネは必要と思われます。ZINS PCZoff PCといったメガネを利用したいと思います。

たくさんあるけれど

というように、必要なもの、ほしいものはたくさんあります。さすがに一度にすべてそろえることは困難です。さらに辞書などもこれから買いそろえる必要もあり、優先順位を考えねばなりません。少しずつ翻訳で稼いだお金で買い足していければと思っています。


コメント

コメントを残す