Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

PDFをWordに変換するなら、Word Onlineが一番簡単じゃないかと思う件

pdf-to-word-convert

翻訳の原稿としてPDFファイルだけが支給される場合がありますが、納品はWordが一般的です。PDFをWordに変換するツールをいろいろ調べてみた結果、Word Onlineを使うのが一番簡単ではないかという結論に達しました。(2015年11月5日更新、できなくなっていました。)

「PDF Word 変換」などと検索してみるといろいろなソフトやオンラインサービスがヒットします。Adobe社のもの、Microsoft社のもの、その他変換ソフトやサービス、無料のものや有料のものさまざまです。

PDFをWordに変換する一番スタンダード(?)な方法は、Adobe Acrobat Standard/Professionalでしょうか。ただし、一般の家庭やフリーランスの翻訳者の場合はAcrobat Readerしか持っていないという方が多いのではないかと思います。

Adobe Readerでも「アドビオンラインサービス」を使えば、PDFをWordなどに変換することはできるようです。ただし有料となります。「Adobe Export PDF」というプランであれば月々200円(2015年9月27日現在)のようです。

Adobe Acrobat DCプランというサービスもあるようです。「サブスクリプション」は月々1,580円(2015年9月27日現在)のようです。

各種変換ソフトについては、使い勝手や再現性など実際に使ってみないと分かりません。

Word 2013があればWordでPDFコンテンツを編集できるようですが、残念ながら私のPCに入っているのはWord 2010です。

そこで思いました。Wordの最新版でできるのであれば、Word Onlineでできないだろうか。

Google Drive、Dropbox、OneDriveがオンラインストレージサービスとして代表的かと思いますが、MicrosoftのOneDriveWord Onlineを使うことができます。

Word OnlineでPDFをWordに変換

では、Word OnlineでPDFをWordに変換する方法をご紹介します。

PDFをWordに変換

  1. PDFファイルをOneDriveにアップロードします。
  2. アップロードしたPDFファイルをクリックして開きます。Word Onlineで開かれます。
  3. [Wordで編集][変換]の順でクリックします。
    ダイアログでも説明が表示されますが、PDFのコピーを作成し、それを編集用のWordファイルに変換するということで、元のPDFへの影響はありません。
    ファイル変換をしばし待ちます。
  4. 変換が終了したら[編集]をクリックします。

変換したWordを保存

  1. [ファイル]の[名前を付けて保存]をクリックします。
  2. [名前を付けて保存]を選ぶとOneDriveに保存され、[コピーのダウンロード]を選ぶとローカルに保存できます。[コピーのダウンロード]を選んでみたいと思います。
  3. ダイアログが表示されたら、「文書をダウンロードするには、ここをクリックします。」をクリックします。
    これで.docx形式のファイルがダウンロードされます。

まとめ

非常に簡単なことではありますが、「Acrobatなんて高くて買えないよ」「月々の額は小さくてもお金を払うほどの頻度では必要ではないよ」という方のお役にたてれば幸いです。

2015年11月5日追記

今日、上記方法を試したところ、できなくなっていました。

2015年10月27日には使ったので、今日までの9日間の間にOneDriveの仕様が変わったのでしょうか。

これが私の勘違いであったり、別の方法が見つかったりしたら、報告いたします。

あぁ、本当にショックだった。非常に残念です。


コメント

コメントを残す