Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

VictoriaはNewlyweds or nearly deadのもの?

106-0636_IMG-compressor

今は懐かしい2002年、バンクーバーに語学留学に行きました。平日は学校、週末はBBQや観光といろいろ経験できました。そんな観光で訪れたところの一つがブリティッシュ・コロンビア州のビクトリア(Victoria)です。

ビクトリアについて

バンクーバーからフェリーに乗ってバンクーバー島へ。そこにあるのがビクトリア。到着してまず港町の美しさに感動します。馬車なんかも走っていて、なかなかのどかです。

ビクトリアは花や緑で有名ですが、その中でも観光で外せないのがブッチャート・ガーデンです。

フェリーターミナルからBCトランジットと呼ばれる市バスで向かいます。海外旅行に行ったら、現地の電車やバスに乗ることをお勧めします。その土地に住んでいる人たちが普段使っている交通手段ですから、やはりその土地の雰囲気をしっかりと感じられます。

ブッチャート・ガーデンは大きさもちょうどよく、午前中のんびりと花や植物を楽しみながら散歩しても、お昼には港に戻ることができます。

ガーデンで花を観賞して港に戻ったら、今度は町を散策です。といっても小さな町ですので、やはりのんびり散歩を楽しむくらいの気持ちで行きましょう。レストランなどに困ることはありません。落ち着いたビクトリアでのんびりと食事を楽しみましょう。

VictoriaはNewlyweds or nearly deadのもの?

私は語学留学に行ったときすでにいい年で、他の生徒より年齢が上で、また社会人経験もあったためと思いますが、語学学校の先生とも親しくなりやすかったです。中でも一人の先生とワインが好きという共通点もあり、ワインを飲みに行ったりもしました。

ビクトリアに行ってきた次の週のその先生の授業中、週末ビクトリアに行ってきた話をました。
「退屈なところじゃなかった?」と先生。
「ちょっと退屈かもしれないけどのんびりできたし綺麗なところでしたよ」と私。
すると先生は
「Victoriaに行くのは”Newlyweds or nearly dead”なんて言われるのよ。」

非常に分かりやすいジョークですね。

もちろんビクトリアに悪意はありません。本当にきれいで素晴らしいところでした。
カナダ西部に行くことがあったら、ぜひ訪れてみてください。


コメント

コメントを残す