Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

英語の学習に役立つだけではない! TEDのおすすめプレゼンテーション10選

ted-talks

TEDをご存知ですか? そう、クマのぬいぐるみの出てくる映画も『Ted』ですが、今日は違うTEDです。そうあの有名なプレゼンテーションのカンファレンスの方です。

すばらしいプレゼンテーションばかりで、聞き取りの練習から話し方の参考まで、英語の学習に非常に有益です。とはいえ、英語が分からなくても心配いりません。TEDのWebサイトでは日本語の字幕付きで見られます。

また、NHKのEテレでも『スーパープレゼンテーション』として水曜夜10時25分から放送しています。ちなみに再放送も日曜深夜0時45分から観ることができます。

今日は、数あるプレゼンテーションの中から楽しめるもの、印象に残ったもの、感銘を受けたものなどをごく一部ですがご紹介します。

Twitterの規模がもたらす変なこと

Twitterの規模がもたらす変なこと

何億というツイートが毎日飛び交う時、ユーザーに危害をもたらすシナリオがありそうにない百万に1つという可能性のものであっても、それは1日500回起きることになります。Twitterの信頼と安全部門のリーダーであるデル・ハーヴェイにとって、この確率はありがたいものではありません。セキュリティの達人である彼女は、世界の人々に発言の場を与えながら最悪のシナリオをいかに防ぐか考えることに日々を費やしています。まじめな顔で冗談を交えながら、彼女がいかに2億4千万のユーザーの安全を保っているのか垣間見せてくれます。

私がカミングアウトすべき理由

私がカミングアウトすべき理由

ファッションモデルのジーナ・ロセロは自分がビキニをまとったプロの写真を初めて見たとき、有頂天で喜びました。「ついにここまで来た!と思いました」と、誇らしげに言います。これはよくある話ではないかもしれませんが、とロセロは切り出します。というのも、彼女が生まれたときの性別は「男の子」だったからです。感動的で個人的なトークで、ロセロはトランスジェンダーの運動が彼女に全く新しい誇りと目的を与えてくれると語ります。

アスリート達は本当により速く、強くなっているのだろうか?

アスリート達は本当により速く、強くなっているのだろうか?

過去数十年のスポーツでの競技実績を見ると、まるで人間のあらゆる運動能力が進化して来たかのような印象を受けます。デイヴィッド・エプスタインは、この爽快で反直感的なトークで、私達が自画自賛を思いとどまるべき理由を指摘します。様々な要因が重なり新記録に貢献して来ました — 人に本来備わる能力の発達はそのほんの一部なのです。

「もし こうだったら?」をマンガで問う

「もし こうだったら?」をマンガで問う

ウェブ漫画家のランドール・マンローは「もし こうだったら?」という内容のシンプルな質問に答えています(例えば、「もし光速で移動するボールを打ったら?」)。彼が使うのは数学と物理学、論理と淡々としたユーモアです。この楽しい話でマンローは、グーグルのデータセンターに関する読者からの質問からスタートし、遠回りしながら笑ってしまうほど詳細な答えに達します。その答えとは・・・シーッ、あなたもそこから何か学べるかも知れませんよ。

人を惹きつける話し方

人を惹きつける話し方

せっかく話しているのに、誰も話を聞いていない―そんな経験はありませんか? そんなあなたに、ジュリアン・トレジャーが救いの手を差し伸べます。この実用的なトークで、音の専門家 ジュリアンが紹介するのは、簡単な声のエクスサイズから感情をこめて話すコツまで――「力強く話す」ためのハウ・ツーです。このトークは、きっと世界の音をより美しいものにしてくれることでしょう。

良い本が秘密の扉である理由

良い本が秘密の扉である理由

幼少期は非現実的です。だとすれば、子どもの本もそうあるべきです。受賞作家マック・バーネットは、奇想天外な講演の中で、実際に物語の中のクジラに話しかける子どもたちの話を交えながら、物語を書くことは本のページから逃げ出し、芸術という扉の向こうの不思議な世界に入り込むことだと語ります。

なぜプライバシーは重要なのか

なぜプライバシーは重要なのか

グレン・グリーンウォルドは、エドワード・スノーデンの機密ファイルを最初に目にし記事にした記者の1人でした。そのファイルから明らかになったのは、アメリカ政府が一般市民を大規模に監視している事実です。グリーンウォルドは強い口調で、たとえ「隠さなければならないことなどない」場合でもプライバシーは気にかける必要がある理由を説いています。

笑わせ、そして考えさせる科学賞

笑わせ、そして考えさせる科学賞

イグノーベル賞の創設者であるマーク・エイブラハムズは、世界で最も風変わりな研究の数々を紹介します。この示唆に富み―時に抱腹絶倒を巻き起こすトークで、彼は、真におかしな科学の話を紹介します。そして、バカげたことこそ、科学への関心を高めるのに欠かせないのだと言います。

寛容さを育むため、観光に出かけよう!

寛容さを育むため、観光に出かけよう!

TEDフェローのアジズ・アブ・サラは、パレスチナ人の活動家で、平和構築のために変わったアプローチを推奨しています―それは観光旅行です。異文化の人たちが交流するだけで、何十年にもわたる憎悪がどのように解けゆくのかを紹介します。まずは、パレスチナ人がイスラエル人を訪問し、一歩前進する様子から。

感情にも応急手当が必要な理由

感情にも応急手当が必要な理由

私たちはインフルエンザのような症状が出た時やなかなか治まらない痛みを感じる時には医師を訪ねます。それなら、罪悪感や喪失感、孤独感など感情の痛みを 感じた時も専門家に会いに行ってはどうでしょうか?あまりにも多くの人が心理的な健康問題には自力で対処している、とガイ・ウィンチは言います。でも、そんなことしなくていいのです。彼は感情の「衛生」を実践することについて、とても興味深い説明をしてくれます。それは、自分の感情や心を身体と同じくらい大事にするということです。


コメント

コメントを残す