Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

SDL Trados Studio 2014でハイパーリンクが外れる?

hyperlink-still-alive

SDL Trados Studio 2014を使ってWordファイルを翻訳したら、ハイパーリンクが外れる現象が起こりました。原因は不明、対処も分かっていませんが、とりあえず紹介だけ。

私が行ったテストの結論から言うと、ハイパーリンクだけ問題が発生するようです。リンクの中でも目次は翻訳後も正常に機能します。

日本語と英語の簡単なサンプルを作ってテストしてみました。

サンプルデータ

下記のような、非常に簡単なサンプルデータを作成しました。

  • 1ページ目は表紙
  • 2ページ目は目次([参考資料]タブから挿入しました)
  • 3ページ目以降は、各ページに見出し一つ、適当な本文、他のページの見出しへハイパーリンク

日本語サンプルの3ページ目と4ページ目はこんな感じです。
hyperlink_test_ja

原文日本語ファイルのハイパーリンク

「タイトルその2」を右クリックし、[ハイパーリンクの編集]で見てみたところです。このように同じ文書内の、当該見出しを参照しています。この状態であれば正しくジャンプします。
hyperlink_1_source

英訳したファイルのハイパーリンク

「タイトルその2」の英訳箇所「Title No.2」を右クリックし、[ハイパーリンクの編集]で見てみたところです。リンクが外れています。
hyperlink_2_target

このように、すべてのページのすべてのハイパーリンクが外れてしまっていました。Ctrlを押しながらハイパーリンクをクリックすると、文書の冒頭部分にジャンプしてしまいます。

英日翻訳の場合は?

上記同様に、英日翻訳も想定してテストしてみました。なぜか分からないのですが、ハイパーリンクが正常に機能するものと上記同様に外れてしまうものがありました。法則なども不明です。

とりあえずのまとめ

この現象についてネットでさんざん探しましたが、日本語でも英語でも情報が見つかりませんでした。

Wordの翻訳をするケースは多いかと思いますが、.docxでTrados Studioを使う場合はこのような問題が発生する可能性のあることを考慮しておくとよいかもしれません。納品直前に気付くとかなり焦ると思います。

ちなみに、.docをTrados 2007までの旧バージョンで翻訳していたころは、このような問題はなかったと思います。また、Trados Studioの他のバージョン(2009、2011、2015)では未確認です。

中途半端な情報で失礼いたします。万一何か分かったら本記事を更新いたします。


コメント

コメントを残す