Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

自分よりはるかに知識や見識のある人たちと関わる喜びとストレス

no-image

知識や見識のある人と関わることは人間を成長させてくれます。ただ、自分とあまりに差があり過ぎると、喜びとともにストレスを感じてしまうことも。それでもどうにかして前に進まないといけません。

ブログを始めたとき、できるだけ多くの人に読んでもらいたいと考えていました。どうせやるならと、そう思っていました。しかし、読んでくれる人が実際に増えてくると、記事の程度の低さを恥じるようになりました。

もちろん、ブログを始めるときにはいろいろ想定はしていたつもりです。書く内容によっては「程度が低い」「間違っている」「内容がない」と批判が出ることもある。その前に書くことは決して上手ではないから、読んですらもらえないかもしれないかもしれない。でも、だからこそ、下手でも恥ずかしくても書き続けることで上手くなろう。考えて書いて反省して考えて書いてと、繰り返すことで考える力や書く力を磨こう。

ブログをSNSと連動させているおかげか分かりませんが、徐々に読んで頂ける機会も増えてきました。そうは言っても、たかが知れた数ですが。

ありがたいことに、翻訳やその他いろいろ、自分よりはるかに知識も見識もある方々にも読んで頂けるようになりました。それはもう、とにかくうれしかったです。

しかしです、そうなると今度は、自分の書いていることが稚拙で、とてもそんな方々に見て頂けるものではないと、書くことを臆する気持ちが芽生え始めました。

人の目や反応ばかり気にしていてもしょうがないとは思うのですが、気の小ささでしょうか、自分の弱さでしょうか。

それでも何もしなければ成長もありません。恥ずかしさ、怖さ、いろいろ感じるところはありますが、続けるべきだろうと思っています。ばかだと思われても、それはそれでしょうがない。今そんなレベルであったならなおさらです。どうにかして向上させなければ先がありません。

いろいろな人に読んで頂ける。知識も見識も怖いくらい上の人たちにも読んで頂ける。自分を成長させるチャンスだと、前向きにとらえていくよう言い聞かせながら、こんなまとまりのないブログをまた書いています。


コメント

“自分よりはるかに知識や見識のある人たちと関わる喜びとストレス” への2件のフィードバック

  1. Terry Saito より:

    いつも拝読させていただいています。
    エージェントの中にありながら、エージェントを離れて業界を俯瞰した目線で書かれた記事に、いつも頷きながら読ませていただいています。そういう視点のブログは少ないので、とても貴重な存在だと感じていますので、あまり周りを気にされずに情報発信を続けていただけることを期待しています。そして、これは私の勝手な想いですが、いつかどこかでお会いできる機会に恵まれたら嬉しいなと思っています。

    • kyasu04 より:

      コメント頂戴しありがとうございます。テリーさんには記事をツイート頂くなど、いつもお世話になっております。また暖かいお言葉何よりうれしいです。
      足りない部分も多いかと思いますが、自分にできる限りでの情報発信を続けていきます。
      いつかお会いできる日が来ることを楽しみにしています。

コメントを残す