Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

素人に英訳させるくらい翻訳を軽視する人がいる件

skills-necessary-to-translate

翻訳素人の日本人に英訳させるなんて冗談じゃない! とはいえ、ソースクライアントや一般の人々に翻訳という仕事が十分認知されていないとしたらしょうがないのかもしれません。でも翻訳に関わる会社にいながらそんなことをする人がいることは許せません。

以前、「翻訳をなめている人って、身内(MLV)にもいるんですよね」や「下手な英文のプルーフより英訳をアウトソースすべき」という記事を書きましたが、今回はダブルパンチです。

新規制作する取扱説明書の英文プルーフ。考えてみてください。英語で少しばかりコミュニケーションできる程度の日本人が英訳していたとしたら。

そんな案件が2件続けざまにありました。とあるソースクライアントが社内で翻訳した英文を、短期間でプルーフしてくれという依頼。ソフトウェアの取扱説明書でした。

さあ、これだけでも話としては十分ですが、今回一番の問題は、その案件をクライアント側で担当していたのが誰かというところです。

何と、2件とも担当していたのは私の勤める会社から出向しているおじさんでした。

素人の英訳がどれほどだったか

次のような点が気になりました。

  • スペルミスは頻出
  • 英語を十分使いこなせない日本人が訳したことが一目で明白なくらい不自然な英文
  • 原文である日本語に引きずられている
  • 主語の選択が不適切
  • 辞書にある単語を何も考えず使っている(特に動詞がひどい)
  • まるで意味をなしていない文も頻出(分かりにくいというレベルではない)

例えば「対応するOS」というところで「correspond」という単語を使っていました。プルーフ結果は「support」です。もしかしてと思い、和英辞典で「対応」を調べると「correspond」が最初の方に載っています。そのような例がいくつもありました。

クライアントサイドにいる同僚の反応(最初の案件)

英文がひどかったことをクライアントサイドにいる出向者のおじさんに伝えたところ「やっぱり」との返答。やっぱりってひどいですよね。分かっててそんなことしてるんですよ。私たちはもとより、プルーファーにとってみたら何の苦行ですかって話です。

クライアントサイドにいる同僚の反応(2番目の案件)

クライアントサイドにいる出向者のおじさんに「プロの翻訳レベルでない人に翻訳してもらうと、結果として品質を高くすることは困難で、時間も費用もかかりますよ」とお伝えしました。

「日程も予算も限られているから、社内でやるしかないんだ」とのこと。

私が「ですから、それだと・・・」と言いかけたところで、「だから日程と予算が厳しいから・・・」と繰り返すだけ、聞く耳持たず。

もう情けないのと腹立たしいので、「もういいです、分かりました!」と受話器を叩きつけるように電話を切ってやりました。携帯電話じゃなくてよかった。受話器をガチャンとしたらほんの少しだけ発散できました。

まとめ

クライアントの中には話を真剣に聞いてくれたり、少しずつでもこちらの意見を活かそうとしてくださる方もいらっしゃいます。

しかし、同じ会社の人間がまるで理解していないこと、改善しようという意志を持っていないことは残念で、情けなくて、悔しくて、腹立たしかったです。その人は間違いなく同じことを繰り返します。

まず素人に翻訳させている時点で、翻訳という仕事も、ユーザーすらも完全になめています。でもそんなことは気にもしないのでしょう。「忙しさ」にかまけて考えることを拒否しています。みんな忙しいのに。自分は忙しいという言い訳の基に、他人に負担を押し付けているのです。

そしてそれにより品質、費用、日程にも影響する旨伝えても理解を示さないのですから、こちらとしてはできることは何もありません。これ以上話しても虚しいだけです。

でも、分かってくれるよいお客様や協力してくれる人たちがいるので、そういう人たちのために頑張らないといけないと思うのです。何とかよくしようという意思のあるクライアント、一生懸命対応してくれている翻訳者やプルーファー。

しかしです、翻訳というものをもっと知ってもらわないといけませんね。


コメント

コメントを残す