Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

某家電量販店、そりゃあネットショップに負けて当然、と思った件

online-store-is-better

家電量販店が苦戦しているとよく聞きます。頑張っているお店もあると思います。そんな中、これじゃあネットショップに負けて当然と思うことがありました。

イヤホンを求めてこんなことがありました。

9月27日(日)

午前、どんなヘッドホンやイヤホンがよいかなとネットでざっと検索してみました。ウォーキングやジョギングにも使えるようにワイヤレスがいいかなと思ったのですが、いかんせん高い。ケーブルがあってもクリップで服に留められればじゃまにならないかな、と。その程度調べたくらいで、午後近所のヤ○○電機に出かけました。

それなりに品数がある中で、目にとまったのはソニーの「MDR-AS200」。比較的低価格なわりによさそう、ブルーがまたかっこいいな、と。ただクリップが付属しているかどうか分からず、近くにいた店員さんに聞いてみました。それなりの年齢、おそらく40代後半から50代前半くらい。

「ジョギングとかするときに動かないように留めるクリップってついていますか?」

「そういったのはついてないですね。」というような内容の返答。かなり面倒くさそうに見えました。その商品を大してよく見るわけでもなく、調べるわけでもなく、たぶん付属してないだろうから、とりあえずそう言っとけ」という感じを受けました。今まで家電量販店でこんな適当な対応は見たことがありません。

何だか購買意欲も失せ、帰宅してソニーの製品を調べてみました。ほかに「MDR-AS400EX」というのも気になりました。「コードをウェアなどに固定できるクリップ付属」と書いてあります。これがいいかな。明日また見てこよう。

そう思ってふと見ると、家で使っていたイヤホンにクリップがついていました。取り外しも取り付けも簡単。「これを使えばいいじゃん。」

9月28日(月)

帰りに会社の近くのエ○○オンに行きました。MDR-AS200とMDR-AS400EXどちらもあります。MDR-AS400EXは完全にインイヤーです。そう考えたらMDR-AS200の方がよいように思えました。ジョギングを想定すると、外の音を完全に遮断したくはないですし。それにMDR-AS200の方が安い。しかも、箱をよく見ているとクリップが付属していると書いてあるではありませんか。しかし、残念なことにブラック1色しかありませんでした。値段はヤ○○電機とどっちが安かったか忘れていましたが、ブルーを求めてヤ○○に行くことにしました。

ヤ○○電機に行ってみると、ブルーはあるのですがエ○○オンより200円ほど高い。「ほしい。でもどうしよう。」と考えているところで昨日の店員さんを思い出しました。買うのはやめました。「ネットの方が安い。帰って楽天かアマゾンで買おう。」

もし店員さんの対応がよかったら

もし昨日の店員さんが親切、丁寧な対応であれば、今日買って帰ってきたと思います。200円の違いというのはそんな程度のものです。気分よく買い物できれば、気になる額ではありません。

小売店にネットショップより優位な点があるとすれば、実際に商品を見られることと、対面でのコミュニケーションではないかと思います。実際に商品を見て、分からないことがあれば聞く。親切に教えてくれれば、そこで親近感も湧く。買いたくもなる。

結局、MDR-AS200のブルーをポチりました。2、3日の内には届くでしょう。

と、たいして中身のない話でした。


コメント

コメントを残す