Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

実家の夏と、懐かしいMSX

kurumayuri

夏休みで実家に帰ってきました。いつ帰っても懐かしいものです。さらに懐かしいもの、MSXがありました。

アイキャッチ画像はクルマユリという花です。鮮やかなオレンジ色の花と青空に夏らしさを感じ、思わず撮った一枚です。

実家の小さな畑

実家の家の裏手には小さな畑があり、母が野菜を少々育てています。家で食べる程度、楽しみながら育てているといったところでしょうか。

小さなビニールハウスにはトマトが赤々と色づいています。
tomato
ミニトマトもいっぱいです。
mini-tomato

季節にもよりますが、今回トマト以外に畑で育っていたのは、きゅうり、なす、ピーマン、ししとう、とうがらし、とうもろこし、その他数種類でした。

畑の端っこには、ずいぶん昔植えたブルーベリーの木が数本あります。25年前、30年前、もう少し前かもしれません。スーパーなどで売っているものより酸っぱいですが、これも懐かしい味です。
blueberry

初めて買ってもらったコンピューター MSX

私が小学生のころ、ゲームウォッチがはやり、そしてファミコンが登場しました。ゲームウォッチは持っていましたが、ファミコンのようなゲームは買ってもらえませんでした。中学校に入ると、友人の間でMSXというものが話題の上るようになりました。ゲームはだめでも、MSXならコンピューターだし、買ってもらえるかも、と考えたのだと思います。「将来役に立つから」などと一生懸命父を説得し、買ってもらいました。
msx-phc-33-1
三洋のPHC-33という機種です。64KBというところからも時代を感じて頂けると思います。
msx-phc-33-2

当然のようにゲームがメインとなりましたが、簡単なプログラミングも本を読んで試しました。本当に単純なゲームなどです。この時「IF~THEN~」や「GOTO」など、プログラミングは英語を使っているのだな、と知ることができました。

また、ジョイスティックもありました。
joystick
実際のところあまり使わなかったと記憶しています。当時、シューティングゲームなどはキーボード上の矢印キーを使って動かし、スペースキーをひたすらカタカタ鳴らして撃っていました。これに慣れていたため、一番使いやすかったのです。

と、たいした話ではありませんが、ご存知の方に懐かしんでいただければ幸いです。


コメント

コメントを残す