Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

貝印の『関孫六 ツメキリtype102』

kai-type102-1

キーボードをカタカタする仕事をしていると、爪の手入れも大切です。先日購入した貝印のツメキリを紹介します。

今まで愛用していたツメキリ、思えば25年ほど使っていました。

その昔一人暮らしを始めたとき、ふとツメキリがないことに気づきました。当時八王子駅ビルに入っていた八王子そごうに行き、なんとなく選びました。最初は使いにくいなと感じていたのですが、いつしかこれじゃないとダメと思うくらいに慣れ親しんでいました。それが「COLT」というやつです。先日ネット通販で探してみましたが見つかりませんでした。

colt-1

実は何年も前、爪ヤスリの部分が壊れてしまい、それでもどうにか使ってきました。この爪ヤスリの目が細かく、気に入っていたのです。

colt-2

いい加減買おう買おうと思いながら、何年も経ちました。先日思い立ち、市内(地方都市)の百貨店から雑貨屋からいろいろ見て回ったのですが、とにかく種類が少ないのです。やはりネット通販です。なんとなく貝印の名前が頭に浮かび、検索、そして『関孫六 ツメキリtype102』に決めました。

kai-type102-1

始めて持ったときは、少し大きいかなと感じました。とはいえ、使ってみると気になるほどではありません。

切れ味は素晴らしいです。さほど力を入れなくてもスッと切れる感覚です。

購入前から一つ心配していることがありました。ヤスリです。ボディの両脇に見える細いライン、これがヤスリです。今までのヤスリとまるで感覚が違います。しかしこれも問題ありませんでした。初めて使ったときはさすがに使いにくいなと感じましたが、2回目ですでに慣れました。なかなか使いやすいです。

kai-type102-2

切れ味のよいツメキリですっきりきれいに、そして今こんな記事を打っています。指の先まできれいだと、やっぱりタイピングも気持ちいいものですね。


コメント

コメントを残す