Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

何を伝えるかより、まずはどう伝えるか

its-how-you-say-it

話し言葉に書き言葉、表現や表情によってまるで印象は違ってきます。伝える内容も大切ですが、それ以上にどのように伝えるかがコミュニケーションでは重要かもしれません。伝え方が悪く印象が悪ければ聞く気にもなりません。

日本語には敬語があるけれど英語にはないと思っている人は少なからずいるかもしれません。実際のところどちらでも同じです。人が2人以上集まれば、そこにはそれぞれの位置関係や思いがあり、そこで生まれるコミュニケーションにもさまざまな背景や意図が反映されます。

日本人であれば日本語のコミュニケーションに問題がないかと言えば、決してそんなことはありません。個人やその性格って大きいですね。ある人の言うことは気持ちよく聞くことができても、とある人の一言は気に障るということもあるのではないでしょうか。発話者の態度や口調の影響は大きいのです。

通訳や翻訳について「英語話せるんだから通訳できるでしょ?」「翻訳なんて簡単でしょ?」とはよくある誤解です。通訳にしても翻訳にしても、2か国語(以上)を深く理解して、それを適切にアウトプット出来なければいけません。しかし、母国語だけであっても、問題なく理想的なコミュニケーションをできる人がどれだけいるでしょうか。

仕事柄、メールは日本語と英語どちらも書き、割合はおおよそ半分半分でしょうか。英文メールの場合、相手はフリーランスの翻訳者さんから海外の翻訳会社までさまざまです。でも、どんな相手であれ何かしら依頼する際は相手のことを気遣って書くように心がけています。

友人との会話であれば、「Can you …?」のような頼み方でも問題ないでしょう。しかし仕事となると、「Is it possible for you to …?」としたり「If you could …, I’d be very much appreciated.」など、相手の都合を優先し、相手に断る余地を残す表現を使うようにしています。

さて、日本語でのコミュニケーションについて話しましょう。そう、先に書いた英文メールと同じこと、相手のことを思いやることができるかどうかが基本になると思います。相手に気持ち良く仕事をしてもらう、自分が言われて嫌なことは言わない、いやな言い方はしない、ただそれだけです。

ところが、日本の会社で日本人が日本語で話していても、引っかかることはあります。日本語は十分使えるはずなのですが、問題は心と気持ちなのだと思います。

「XXXXしてほしいんですけど」

これ自体は何てことない表現だと思います。申し訳なさそうに言われれば、「いいよ」とか「分かった、大丈夫、やるよ」と比較的快く対応できるかもしれません。しかし、ムッとした表情で「XXXXしてほしいんですけどぉ~」と言われたらどうでしょう。

これは今日職場で朝から耳にした言葉です。その人の口調からして言外の意味は「ふつうXXXXするでしょ? なんでわかんないの? バカじゃない?」といったニュアンスに感じられました。しかも話している相手は上司でした。

相手が上司という事実は置いておいたとしても、やはり人に何かを伝えるとき、また依頼をするときに適しているとは思えませんでした。「XXXXして頂けますか?」とか「XXXXについてもお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?」とか、言いようはあると思うのです。

こういう言い方をする人というのは、誰に対しても、時にクライアントに対してもそんな言い方をしてしまったり、そんな空気を醸し出してしまったりするものです。ちょっと相手のことを思いやるだけで、そんなぶっきらぼうな言い方はしなくなると思うのですが。

思いやりや、相手の気持ちや立場を考える想像力は大事だと思います。そういったものを持っていない人とは付き合いたくありませんし、仮にフリーランスになったとしても、そういう人からは仕事を頂きたいとは思いません。どうせなら気持ちよく付き合い、気持ちよく仕事したいです。愛のある厳しさならよいのですけどね。

人のふり見てわがふりを直さなければいけません。自分自身、時として冷たい言い方や突き放す話し方をすることがないとも言えません。いけませんね。相手のことを考えた上で意図的に突き放すのであればよいのでしょうけれど。基本は人に優しくです。そう思います。


コメント

コメントを残す