Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

それでもなお英文も翻訳も軽んじられている

from-mlv

いやもう、腹立たしくて腹立たしくて、愚痴ってしまいます。

多言語のソースとして受け取った英語が酷いのなんの。過去にも何度となく同じようなことを書いているかもしれませんね。デジャブではありません。

ニ足の草鞋の一足は多言語翻訳を扱うエージェントでローカライズエンジニアみたいなことをしています。そしてもう一足は英日翻訳をしています。日英翻訳はまだ修行不足です。そんなふうに自分で英語を書くことにいまいち自信を持てないわたしが見てもひどい英語なのです。明らかにおかしいのです。

技術系の英文ライティングでは、Correct(正確)、 Clear(明確)、Concise(簡潔)に書くことが求められます。習得していないわたしが言うのもおこがましいのですが、基本中の基本です。

クライアントから提供される英語には、見たことのないような回りくどい言い方をわざわざしているものがままあります。動詞の使い方や関係詞の使い方が原因です。たとえば「強い動詞」と呼ばれるものを使えばすっきりするところ、日本語の「~をする」に引きずられて「do + 名詞」としてしまっているところがあります。曖昧で長い日本語のとおりに英文にしようとして無理やりwhichなどであっちに行ったりこっちに行ったりしているようなところもあります。

結局、簡潔ではなく、不明確で、正確性まで失われます。技術文書として失格です。マニュアルでもソフトウェアUIでも、明確な目的があって、それを伝えるために書いているはずなのに、その目的が何一つ達成できないような代物なのですから。そんなものを原文にして多言語翻訳なんて、まともなものが仕上がるはずがありません。

かと言って、問題点を指摘しても、「昔から使っている英文だから」と返ってきます。昔から使っているかどうかなど、対象読者やエンドユーザーにとっては関係ありません。クライアント社内、または担当者たちの都合です。

また、英文の見直し勧めると、「ネイティブのチェックをしているから」と返ってきます。そんなはずありません。本当にネイティブにチェックしてもらっているとしたらどんなネイティブなのでしょうか。3歳児でしょうか。だって明らかにおかしいのですから。

そんなこんなで、英文は変更しない、このまま進める、でも問題があったら報告して、と言われます。意味がわかりません。もう何をどうしてよいのか、何がほしいのかさっぱりわかりません。翻訳者のみなさん、ごめんなさい。エンドユーザーのみなさん、ごめんなさい。わたしには何もできませんでした。


コメント

コメントを残す