Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

ダメな原文による損失がどんだけか理解されていない件

from-mlv

翻訳に欠かせないものは何でしょう。翻訳者の能力やスキルという意味ではなく。必ずなくてはいけないもの、成り立たないもの。それは原文です。原文がなければ翻訳というものが発生しませんね。

なければならないくらい大事なのに大切にされていない原文。かわいそうです。そんな原文を翻訳させられる方もかわいそうです。迷惑です。原文にも翻訳者にも愛情をもってもらいたいものです。

冗談はさておき。

わたしが働いているのは日本のエージェントで、クライアントも日本企業です。そのクライアントからソフトウェアUI、取説、その他各種文書の翻訳やローカライズをご依頼いただきます。多言語翻訳する原文は英語です。その英語は日本語を基に翻訳されるか、一から英文ライティングされるかのどちらかです。

どれだけダメなものがあるか

案件にもよりますが、英文に軽く目を通しただけでおかしいと感じるものも少なくありません。スペルミスが非常に多いもの、明らかな文法ミス、文法的に違反していなくても英語として不自然なものなど、ダメなものもさまざまです。回りくどいために読んでいて混乱させられるものもあれば、何を言いたいのかさっぱりわからないものもあります。

スペルミスや、正しい形が推測しやすい簡単な文法ミスであれば、「このように直しますけどいいですね」とクライアントにお伝えするだけでも構わないでしょうし、呆れることはあってもさほど困難ではありません。しかし文としておかしなものを直すのならその分お金と時間が欲しいですし、意味の分からないものは直せませんし訳せません。

どうしてダメになるのか

一言でいえば専門的な知識やスキルのない人が英訳している、あるいは英作文しているからでしょう。実際、クライアント社内の「英語ができる人」に日英翻訳(翻訳と呼びたくありませんが)をさせたり、英文ライティングの知識と経験もない人に書かせていることも多いようです。しかも同じくクライアント社内にいる別の「英語ができる人」に英文プルーフさせることもあるようです。すべて素人で賄ってしまうのです。

ちょっと考えてみましょう。英訳や英作文を素人にさせる企業が、日本語の制作に力を入れるでしょうか。そんなはずありません。日本語も、たとえばテクニカルライティングの知識や経験のない人に取説を書かせたり、ユーザーの視点を持たない人にUI文字列を作らせたりしているのです。このようにしてできたダメな日本語を英訳したところで、よいものなんてできるはずありません。

知識やスキルだけではありません。クライアントも上から費用削減や日程圧縮を求められ、早く安く作ることを考えざるを得なくなっているのかもしれません。その結果、手近なところで社内にいる英語ができる人に頼むのです。翻訳やライティングには専門的な知識やスキルが必要であるという教育も受けず、「英語ができればできるでしょ」という意識が受け継がれてしまうのです。

どれだけの影響があるか

仮に、クライアントの社内で英文を作ることにより時間短縮と費用削減を実現したとします。そのようにしてできた英文を原文として受け取った翻訳会社はどうでしょう。いつもより時間をかけて原文を確認し、発見した問題点をクライアントに伝えるため整理し、クライアントとのやり取りが必要になるなど、時間と労力を要します。

プルーフするなどして修正する事になったらどうでしょう。当初予定していなかった工程を挟むことで日程を圧迫します。多言語翻訳期間を十分に取れなくなります。時間がなければ品質の保証も難しくなります。

誤訳や意味不明な内容があり、もしユーザーが怪我をしたりユーザーの財産を損傷させることにでもなれば、クライアントのブランドイメージは著しく低下するでしょう。翻訳会社もクライアントからクレームの報告を受けることになるかもしれません。原文が一番の要因だとしてもです。

どれだけわかっているのか、わかってもらえているのか

ここまで述べたことなどは誰でもわかっているはずのことばかりです。さして難しいことや、理解するために特別な訓練を要することでもありません。それでも、クライアントでもエージェントでも改善は難しいようです。

理解してくれる人もいますが、「そうは言っても改善は難しい」という反応を示す人が多いと感じています。また、理解を示してくれたとしても、実際に業務が動き出すと予算や日程に追われ、結局は低品質な英語原文ができあがることがほとんどです。

原文は大切です。この一言語をしっかり作り込めば、その後の何十という言語への翻訳が成功する可能性が高くなるのです。逆に失敗すれば、何十という言語での誤訳リスクが高まるのです。

こんなことを書きながら、第27回JTF翻訳祭の「ミニ講演会 第2部」で川月 現大さんが「あいまい文のもたらす不経済効果と対応策」と題して話されていた「あいまい文は単にわかりにくいというだけでなく、ビジネスコストを増大させる」というお言葉を思い出しています。


コメント

コメントを残す