Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

依頼元エージェントと依頼される翻訳会社と品質と

from-mlv

あるところで、酷い和訳が納品されて困っているというエージェントの方のコメントを拝見しました。しかも翻訳会社からの納品物とのこと。英訳和訳とも常々同じことを感じているので、ちょっと思うところを書いてみたいと思います。

英訳でも和訳でも酷いものが納品されることがあります。翻訳会社から納品される場合です。個人翻訳者さんに直接依頼する場合はこのようなことはあまりありません。お互いのことをわかっているからでしょうか。ところが翻訳会社を介すると、小規模大規模にかかわらず、途端に程度の悪い訳が目に付くようになります。

英訳でよくあるのは、英訳や英文ライティングスキルのない日本人が訳しただろうと思えるもの、ネイティブが原文の意味を理解できずに訳したと思われるもの(これは原文の品質によるところも大きい)、知識やスキルのあるネイティブや日本人のチェックを通していないだろうと思えるものなどです。

和訳でよくあるのは、原文を理解しないで字面で単語の置換をしただろうというもの、不必要にカタカナに逃げた表現が多いもの、日本語はこなれているように見えてもよく見ると勝手訳となっているものなどです。酷い場合にはクラウドサービスや機械翻訳を使ったのではないかと思えるものもあります。

わたしの経験したこと

技術系の和文英訳でした。ソースクライアントから提供いただいた原文ファイルにざっと目を通したところ、さほど難易度も高くなく問題もなさそうでした。翻訳メモリも入っていました。エントリー数はかなりのものでしたが、文書の種類が異なるためかさほど流用率は高くありませんでした。流用率が低いということは自由度があってやりやすい案件と考えられました。翻訳会社を選定し、必要な指示を伝え、無事依頼は完了です。

数日後、納品された英文を見始めてびっくりしました。冒頭から不自然な表現が目に付いたのです。実際の表現を上げることはできませんが、読み手を意識した書き方でないもの、技術系文書にはありえないもの、単語として不適切なもののオンパレードです。一番気になる表現について社内の英文ライターにも意見を聞きましたが、カジュアルな文章では使うがテクニカルな文章では使わないとのことで意見は一致しました。

早速いくつか疑問に思う点について翻訳会社に連絡したのですが、回答は、詳細なスタイルの指示もなく、翻訳メモリにあったのでOKと判断したというものでした。翻訳メモリを検索すると確かにすべて翻訳メモリ内で見つけることができました。なるほど、翻訳メモリの品質も確認せず手配したわたしもいけなかったと一部反省し、自分で確認と修正を行い、必要最低限のみ翻訳会社に改めて問い合わせて済ませました。

ここで翻訳会社に対してこれ以上議論をするなど深入りしませんでした。相手の言い分も一理あること、こちらの手配にも問題があったことなどもあります。ただ、一番は無駄だと思ったためです。

確かに問題の表現や言い回しは翻訳メモリにあったのですが、100%マッチではなく、それどころかファジーマッチにもならないくらいものばかりでした。「よくそんなものメモリ内を検索して、見つけて、疑問にも思わず使ったなあ」と思ったくらいです。

そこまでして翻訳メモリを参照したとすれば、自分で英文を書くスキルが著しく低く、翻訳メモリにあればOKと考え、そのエントリーの品質を判断することができないレベルの翻訳者だったのかもしれません。だとすれば、その程度の翻訳者に依頼している翻訳会社の認識、あるいは品質意識の低さも露呈したことになります。

いずれにせよ、このようなことを複数の翻訳会社で幾度も経験していると、翻訳会社というのは翻訳のブローカーに過ぎないところが多いのかなと考えてしまいます。もちろん、翻訳品質を当然のように重視するところもあるでしょう。たまたまわたしはそのようなところに当たったことがないだけかもしれません。


コメント

コメントを残す