Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

【翻訳を扱う会社から】CATツールについて考えてみた

from-mlv

どうも世の中では翻訳支援(CAT)ツールについて勘違いや間違った理解が横行しているように感じます。言ってみれば何年も前からの話ですが。今更ながらいろいろと考えてみたいと思います。

「CATツールについて考えてみた」としましたが、翻訳者だけでなく、翻訳を扱う会社にいながら翻訳のことをよく知らない人や、CATツールって便利らしいよと思われているソースクライアントの皆さんにもいろいろ考えて頂きたいとの気持ちがあります。

CATツール、どんなツールかと言えばその名のとおりです。そもそも翻訳の作業を支援するためのツールであり、それ以上ではないのです。

翻訳者が自分の判断で使う場合

過去に自分で訳したものと同じあるいは類似した原文が出てくると、「前はこんな風に訳しましたよ」と補助してくれます。それを見て、そのまま使うか、手を加えて使うか、それはそれぞれの翻訳者の判断によるところです。

また、用語集を登録しておけば、指定訳語を候補として挙げてくれます。たとえばExcelの対訳リストがあったとして、それをいちいち検索していては翻訳自体が進みません。ツールを利用して効果的に指定訳語を適用することでクライアントの求める品質の一部を担保できることにもなります。

しかし、分節ごとぶつ切りの状態で表示し、その細かい単位で翻訳を進めるため、前後の流れを見ずに進めてしまいやすいという弊害もあります。翻訳のスキルも品質も低下する危険性があるということです。

CATツールを使ったからといって訳文の質が上がることはありません。用語やスタイルなど、指示を検証ツールに組み込んで翻訳作業のミスを減らすことはできるかもしれません。しかし、訳文の質に直結する改善は見込めないでしょう。長所と短所を十分に理解した上で、それでも必要と感じたら、有益と思ったら、注意して使うのがよいでしょう。

翻訳者が客先指定で使う場合

CATツールを使用するよう指定される案件があります。多くの場合、CATツールで準備された形式でデータを受け取ることになるでしょう。この場合、自分の判断で使う場合とは異なり、100%マッチは変更不可であったり、ファジーマッチについては翻訳メモリに登録されている訳文のスタイルに合わせるよう求められることがあります。

翻訳メモリに登録されている訳文に誤りを見つけてしまうこともあります。翻訳メモリに登録されている訳文が全体的に程度が低いということもあります。そんなときでもそれに合わせるか、あるいはどこがどのようにおかしいか報告するよう求められることもあります。

翻訳メモリの不備を報告するためにまとめていると、間違いなく単価に見合わない状況になります。CATツールを使う案件はマッチ率に応じた単価設定がされるため、ただでさえ安くなりがちです。余計な仕事をする余裕などありません。報告してその分対価を頂けるのであれば別ですが、ありえません。

発注者の中に何も考えず仕事を流している担当者がいれば、「新規とファジーだけなんて楽な仕事だな」と思っているかもしれません。そうであればなおさら翻訳メモリの不備による問題と苦労は理解してもらうことが困難でしょう。

CATツール指定の案件が翻訳者にとって面白味のある仕事であることはまれではないかと考えます。ただし、そのような案件が多いという現実があります。どのように付き合うか、どこまで割り切れるか、またどれだけ自分の実力や信頼への悪影響を免れるか、十分に理解し考えて取り組む必要があります。

翻訳会社にとって

ソースクライアントから直接仕事を請け負っているのが翻訳会社であることは多いでしょう。この場合、ソースクライアントに納品する翻訳の品質を保証する責任は翻訳会社が持ちます。では保証すべき翻訳の品質って何でしょうか。

JTF翻訳祭のセッション2 「誰も教えてくれない翻訳チェック 〜翻訳者にとっての翻訳チェックを考える〜」でテリーさんも仰っていましたが、チェックと一言でいっても「翻訳チェック」と「作業チェック」の2つに分類されます。

「翻訳チェック」というのは、読みやすさであったり、流暢さであったり、いわゆる訳文それ自体の質のことです。

一方「作業チェック」というのは各種指示が守られているかといった確認で、これをクリアしたからといって本当に質の高い訳文が保証されるというものではありません。

では、この2つの分類について翻訳会社ではどのように見ているのでしょうか。一概には言えませんが、間違いなく「作業チェック」の項目は見ていると考えられます。この作業項目で漏れがあると、ソースクライアントにも問題を発見され、指摘を受けます。

しかし、「翻訳チェック」について見ている会社がどれだけあるか疑問です。訳文の質を保証するのは簡単なことではありません。画一的な基準や見方がないのです。人に依存します。「翻訳の校閲は翻訳者と同等かそれ以上の技量が必要」などとも言われます。そんな人がざらにいるとは考えられません。

そんな状況で、CATツールは便利です。TMや用語集を半強制的に参照させ、翻訳者を縛り、勝手な翻訳をさせません。作業チェックだけしかしない様な分野や案件であれば必須条件にもなるのも頷けます。

費用についても単純にワード数などのボリュームとTMで解析したマッチ率で算出されます。見積もりを作りやすく、手配先(あるいは翻訳者)の比較だって簡単です。マッチ率が高ければ単価を下げることもできます。実際の翻訳作業がどれだけ大変か、いっさい考慮することはありません。

ソースクライアントにとって

ソースクライアントは翻訳業務のプロではありません。いろいろな分野でエンドユーザーに製品やサービスを提供しています。その製品やサービスに含まれる、あるいは必要な文言の翻訳を翻訳会社に依頼します。

そんなソースクライアントも予算には制限があります。できるだけ安くて早くて質の良い翻訳会社を求めています。さらにCATツールとい便利なものがあると知れば、それに飛びつく気持ちも理解できなくはありません。

CATツールというものを耳にしたソースクライアントはまず翻訳会社にアドバイスを求めるでしょう。「CATツールの導入を検討しているのだけれど、運用方法について相談に乗ってほしい」といったようにです。翻訳会社もライバルの存在を意識しつつ「こうすれば効率化できます」「コストを削減できます」と良い点を挙げるでしょう。

このように、CATツールはいいことずくめと誤解して導入が始まるのではないかと思われます。実際にはメリットもデメリットもあるのですが。訳文の品質についてはリスクの方が圧倒的に高いとさえ思います。もちろん、「訳文にそんな高い品質は求めない」と仰るクライアントにとってはメリットだけしか見えないかもしれません。

さて、実際の案件については、まず翻訳会社からソースクライアントに見積もりを提出します。この段階からCATツールガチガチの状況が始まります。単純に数値化した見積もりとそこから出された日程です。実際には、その原文の質によっても負担や困難は案件ごと異なります。それが数字の上では見えません。

安い、早い、それに品質は勝手についてくると思われるかもしれません。安くて早ければ品質はそこそこでいい、と考える場合もあるかもしれません。いずれにしても、数値化することで、実際以上に簡単な仕事だと思われることが増えていると感じられます。

また、CATツールの使用に関係なく、翻訳は原文の質に依存し、また影響を受けてしまうものです。原文の質がよければ翻訳はスムーズに進みますが、質が悪ければ苦労は避けられません。このような点はCATツールの解析結果からは見て取ることができません。

CATツールのメリットとデメリット、原文の品質が重要であるといった翻訳に必要な条件、翻訳がどれだけ手間がかかり大変な仕事であるのかなど、翻訳会社からソースクライアントへ説明する努力をしない限り、状況がよくなることはないでしょう。

まとめ

以上、CATツールに否定的な内容となってしまいましたが、完全に否定するつもりはありません。

ツールは単なる手段であり、生まれた背景には何らかの目的があったはずです。その目的が忘れられて手段だけが独り歩きしてしまうと、当初意図しなかった方向に向かってしまうことがあります。費用と翻訳日程の圧縮だけが目的となってはいないでしょうか。

100%マッチの変更を認めないというのはそもそものツール開発の前提条件にはなかったはずです。文章単位で100%一致していても、前後関係が変われば、再確認して修正する必要があるかもしれません。

ファジーマッチ、またハイファジーと呼ばれる高いマッチ率の場合も同様です。過去の訳文が候補として挙がっても、翻訳者がそれを確認し、必要に応じて一部修正することもあれば、全部書き換えることもあります。その程度はその時々で異なるでしょう。

用語の適用についても、指定訳語が必ずしも使われていなければいけないかというと、そうではないはずです。同じ言葉でも状況に応じて訳語が変わることもあるでしょうし、活用されることもあるでしょう。必要な個所で適宜使用されるべきであり、その判断を翻訳者が行っているのです。

冒頭でも書きましたが、CATツールは翻訳の作業を支援するためのツールです。同じ原文に対してゼロから考えることなく時間短縮し、不要なユレを抑えることができれば十分なのです。指定訳語を効果的に適用し、最終読者が混乱することのない訳文ができればよいのです。

翻訳者はこのような点を理解してツールを使うべきでしょうし、翻訳会社は理解した上で翻訳の準備をして依頼すべきです。ツールの使い方さえそれなりに分かっていれば、作業チェックについては効果があるかもしれません。しかし本当に理解していなければ、翻訳チェックにかかわる品質を上げることは困難です。

そして翻訳会社はソースクライアントから相談を受けたり、また打ち合わせる機会などあれば、ツールの基本的な考え方、メリットやデメリットをすべて丁寧に説明していくべきです。正しく理解いただけない場合、価格破壊が進み、見えないところで品質も崩壊してしまうでしょう。そうなれば、最終読者を含め、誰も幸せではありません。

まとまりもなく、なんとなくだらだらとした内容になってしまったところは否めませんが、どのようなツールでも目的を持って、何ができるのかどのような効果があるのか理解し、正しく使いましょう。


コメント

コメントを残す