Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

【翻訳を扱う会社から】発注の基準がお金だけってどうなの?

from-mlv

高いと言われる翻訳会社、安いと言われる翻訳会社。ソースクライアント目線の話です。相見積もりをとって安い方に出す。そういうものです。でも高いからといって社内で「発注禁止」のお達しを出す、そんなクライアントもいるとは。

翻訳会社にもいろいろあります。専門分野だとか得意分野もさまざま。規模も違えば、品質に対する姿勢も違う。そもそも品質に対する考え方からして違う。ターゲット言語としての読みやすさまで追求する会社があれば、翻訳支援ツールを使ってルールさえ守っていればよいという会社もあります。

翻訳支援ツールの話になると、どうやら翻訳会社だけの考えではなく、ソースクライアントの意向も(ソースクライアントの意向の方が)強いようです。特に日本のメーカーさんで、世界各国での販売のため各種ドキュメントを多言語展開しているような場合です。

ソースクライアントにもいろいろあります。会社にもよりますし、同じ会社でも部署によってまるで考え方の違う場合もあります。翻訳支援ツール必須だったり、読みやすさ重視だったり。100%マッチは触るなと言われたり、そもそもソースデータが歯抜けの状態だったり。DITAのようなトピックライティングではそんなこともありますよね。

翻訳会社を選定する段階でもソースクライアントごと違いがあります。翻訳会社からヒアリングして、当該案件の翻訳作業に必要なことは何か、懸念は何か、一緒に考えて進めてくれるクライアントもいます。翻訳量と日程だけで相見積もりを出させ、金額だけで決定するクライアントもいます。

さあ、今日聞いたのは、とあるメーカーさんで「あの会社高いから発注禁止」とお達しが出たという噂です。その噂では、高い会社には出すな、安い海外の会社に出せ、ということのようです。安い海外の会社って、どのくらい安いのでしょうか。これも噂ですが日本のよくある翻訳会社の半分とかもっと安いとか。

何事も過ぎるというのは決して良いことではありません。「過ぎたるはなお及ばざるが如し」とも言いますし、英語で「too ~」「too much」といえば度を超えていてネガティブなイメージになります。安すぎるにも理由があるはずで、品質なりなんなりネガティブな面があるはずです。

例えば、発注者から見えないのをいいことに学生や素人に安く翻訳させているかもしれません(推測です)。でも翻訳で生計を立てているプロの翻訳者ではありえない単価だとしたら。あながち外れていないかも。

とはいえ、そもそも品質だとか、そんなもの念頭にないメーカーさんだってあるように感じます。であれば、「安いとこに出せばいいじゃん。そのうち痛い目見るかもよ」と、陰から様子を伺うだけです。

高いから仕事をもらえないという会社は、もしまっとうな会社であれば、どこか別に需要もあるかもしれません。その場合、必要なのは営業努力でしょうか。実際どうなのか、それは分かりません。

いずれにしても、まっとうな翻訳会社であれば品質を落としてまで安く受注しようとはしないでしょうし、プロ意識の高い翻訳者さんも金額だけしか見ないようなソースクライアントや翻訳会社とは付き合おうとしないでしょう。

かくいう私だって、お金だけを基準に発注するようなクライアントの仕事は願い下げです。そんな仕事ばかりでは生活できないし、自分の身につくものもないでしょうから。


コメント

コメントを残す