Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

開業して3年経過していた

わたしが開業したのは2016年の11月1日。そう、開業して3年が経過していました。とりあえず。

10月24日に開催された翻訳祭、それから何となくバタバタしていましたが、気が付いたら11月10日。そう、開業して3年が経過していました。

とはいえ、まだまだニ足の草鞋。平日の昼間はMLVみたいなところで翻訳/ローカライズのコーディネーションなどしながら、それ以外の時間で翻訳をしている状態です。売り上げに占める翻訳の割合は、まだ半分にも達していません。月によっては半分を超えますが、たいていは下回っています。

いずれにしろ、3年を超えたのはよいことかと考えています。たいした根拠はありませんが。

周りを見渡すと、同業者の皆さんは謙虚で、勉強熱心で、決して努力を惜しむことはありません。たまたまどうにかうまいこと3年を経過したからと言って、安心したり、落ち着いたりしてはいられません。上を見たらきりがないのです。負けないように努力あるのみです。でも、努力を苦痛に感じたらたぶん辞め時だとも考えています。今はとにかく前に進むだけですが。

もちろん、詐欺まがいの(というか詐欺そのものの)講座なんかもありますが、少なくとも、わたしの知っている翻訳者の皆さんは尊敬できる方ばかりです。そんな素敵な皆さんと仲間でいたいですし、そう認めていただけるようになりたいのです。生涯学びであるこの仕事を続けていきたいのです。

いつもビール(本当は発泡酒)を飲みながらブログを書くことが多いのですが、今日は少し多めに飲んだ後です。いつも以上に内容も文も酔っぱらっているかもしれませんが、3年を経過した自分の気持ちだけは書いておきたいと思った次第です。いや、本当に酔っぱらっていますね。

これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です