Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

自分の訳文、説明できるか?

explain-your-translation

翻訳をしていると「自分はまだまだ全然だめだな」と思うことがあります。「駆け出しだから未熟で」なんて言い訳するわけではなく。

「自分がどうしてこう訳したか説明できるのか?」と自問しながら翻訳しています。

そんなとき、つい一昨日ですが、帽子屋さんの記事「# 基本と無意識化~関西セミナーの報告を兼ねて」を拝読いたしました。

また、昨日は越前敏弥さんの「語学力について」(翻訳百景)も興味深く拝読いたしました。

やはり、自分自身、まだまだ基礎スキルが足りないな、十分身に付いていないな、と感じています。また英語力と日本語力、どちらもまだまだだなと。これは裏を返せば成長の余地がまだまだあるということ。そう前向きにとらえないといけないとも考えたり。

比較的シンプルな英文を和訳する際も、いろいろ調べて最適な訳をするよう心がけてはいます。自分にとって複雑な英文と感じたり、やたらと長い英文だと、自分の中で正しく理解できたと思えるようになるまで英文法の本でとにかく調べて、訳を練り続けます。

ただ、それでも出来上がった訳文を人に見せ、納得のいく説明をできるかと言われると、やはり自信はありません。自信を持って説明できないとなると、やはりまずいのではないかと思うわけです。

英語力と日本語力、当たり前のことですが、翻訳者であればどちらが不足していてもいけません。原文を正しく理解し、過不足なく訳文言語に置き換える、あるいは訳文言語で再構築する、表現する。

英日翻訳での英語力。英文法の知識を基に英文を読み理解することは当たり前。また、ある程度の数の単語についてコアとなる意味、そこから派生した意味を理解していることは当たり前。その上で英文法書や英英辞典で調べて知識の裏付けをとる。次に日本語力。英和辞典や国語辞典などで最適な訳語を選択する。文章としても適切な表現であるか調べ、できた訳文を読み、自然な日本語となっているか確認。

このプロセスの中で、自分の脳内あるいは調べものの量や方法と、他の翻訳者の方々のそれとは、どれだけ似ていてどれだけ違うのだろうかと考えます。原文と訳文の間を脳内で行き来するスピード、調べる単語や文法のレベル、訳文に行きつくまでの過程、すべてにおいて自分は程度が低かったり、無駄が多かったりするのではないかと思うのです。

ただ、こう思うことは、自分を卑下しているのではなく、向上心を持っているからでもあります。こう考えている今、慢心などというものは微塵もありません。もちろん、翻訳者としてまだ入り口に立った程度の人間ですので、この段階で慢心があれば、きっと、いや間違いなくバカでしょう。

自信がないながらも、やはり自分の訳文の説明をすることは必要であると思っています。そんな時に勉強会はよい機会となります。自分の思考プロセスを説明し、別の翻訳者の思考プロセスを聞くこともできます。

最終的には帽子屋さんの仰るように、「無意識化(自動化)」できてこその基礎スキルであり、その上で「自覚的にきちんと説明」できるようになるため、今日も翻訳に励みます。


コメント

コメントを残す