Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

英語ネイティブだからよいというわけではありません

being-a-native-is-not-good-enough

先日、非ネイティブが書いた英文のプルーフリーディングは大変ということを書きましたが、ネイティブだからと言って問題ないと考えるのはどうかといった内容のご指摘をいただきました。おっしゃる通りです。そこで補足をしたいと思います。

どこの国や地域であっても、どのような言語であっても、個人の育った環境や受けた教育によって、話す言葉のレベルも違えば、そもそも字を読むことができるのか、あるいは書くことができるのかなど、その能力や技術には大きな違いが生じます。

ライティングや翻訳など、本来であればターゲット言語でそれなりの教育を受け、またそれぞれ必要な教育や学習、訓練、経験を積むことが必要です。

(このようなことを書いている私が、恥ずかしながらこのブログで晒している程度の日本語しか書くことのできない低能であることはお読みになられた皆さんならご存知であろうかと思われます。そんな私が翻訳で生きていこうなど無謀な挑戦をしつつあること、バカとお笑いください。)

実際、私も同僚も日英翻訳や英文のプルーフリーディングをネイティブに依頼することもあります。もちろん、特定の分野で翻訳の経験もあり文法の知識なども持ち合わせていたり、翻訳やプルーフリーディングのトライアルも合格しているネイティブです。それでも、案件により評価が低くなることもあります。

例えば、日本での経験が長いためか、時としてクライアントの好みを意識しすぎた英訳をしてしまうことがあります。某クライアントは英語らしい英語より、日本人である自分たちが読んで理解しやすいものを好むという傾向があるといったことを、過去の経験から学んでしまったためという場合もあります。

そのような英文が納品されると「この翻訳者ダメだ」と思ってしまう同僚も中にはいます。前述のような事情(クライアントの好みを意識している)を知っている私は、そのあたりを翻訳者に代わって弁明することもあります。ただし、指摘すべきはすべてフィードバックします。フィードバックというのもそれなりに大変な作業ですが。

一方、日本人であっても、特定の分野に造詣が深く、また相当の英語の教育や訓練を受けた方であれば、ネイティブ以上の英文を書くことも可能ですし、実際そのような方々も数多くいらっしゃいます。日本語原文の不足を補う配慮などは、思わず感嘆の声をあげてしまうほどということもあります。

ただ、英文科卒だからとか、海外留学経験があるからというだけの理由で、安易に英訳をさせてしまうという事例があることも事実です。ソースクライアントで多く見られると感じています。

われわれエージェントからは、相手が英語ネイティブであったとしても素人に翻訳などの仕事を依頼することはありえません。また、英文科卒だから英語できるでしょ、という安易な発想で素人の日本人に翻訳を依頼することもありえません。

日本人にしても英語ネイティブにしても、ライティング、翻訳、プルーフリーディングをするのであれば、それなりの訓練が必要ということです。技術文書であれば、どのようにしたらユーザーなど対象読者に効果的に伝えることができるか、テクニカルライティングの知識・技術も持ち合わせていなければなりません。

つまるところ、仕事としてライティング、翻訳、プルーフリーディングをするのであれば、ネイティブであろうとなかろうと、素人にはできないし、やらせてはいけないということです。


コメント

コメントを残す