Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

affect と effect の違い

affect-vs-effect

affect と effect の違いを説明します。似たような綴り、似たような音、似たような意味を持つ単語は間違って使いがちです。affect と effect もそんな間違いやすい単語です。

多言語翻訳の原文である英語に次のようなものがありました。

“A” is not effected by changing the value of “B”.

これは誤りです。この文字列は「Bの値を変更しても、Aには影響ありません」という意図を表しているものでした。正しくは次のようになります。

“A” is not affected by changing the value of “B”.

動詞としてのaffectとeffect

『University of Oxford Style Guide』の「Common confusions in word usage」に記載されている説明が分かりやすいと思います。

effect vs affect (verb)

  • Affect as a verb means to have an impact on or to change something;
    it also means to simulate something which is untrue.
  • Effect as a verb means to bring about, or to have the result that.

次に例文を見てみましょう。affectの「影響を及ぼす」と、effectの「結果をもたらす」の意味が明確につかめるのではないでしょうか。

affect

  • Your opinion will not affect my decision.

effect

  • These drugs can sometimes effect miraculous cures.

名詞としてのaffectとeffect

こちらも、まずは『University of Oxford Style Guide』の「Common confusions in word usage」に記載されている説明を見てみましょう。

effect vs affect (noun)

  • Affect as a noun means somone’s outward appearance of their
    psychological state.
  • Effect as a noun means the impact something causes.

次に例文を見てみましょう。affectの「感情」や「情緒」と、effectの「結果」や「影響」の意味が明確につかめるのではないでしょうか。

affect

  • His affect was one of cheerful indifference.

effect

  • The storm had wide-reaching effects.

このように、『University of Oxford Style Guide』の「Common confusions in word usage」にも記載されているということは、affectとeffectを混同するのは日本人だけではないのでしょうね。

日本人でも日本語を誤って使ってしまうことがあるように、英語のネイティブでも間違いやすい単語や表現はあるのかもしれません。


コメント

コメントを残す