Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

第26回JTF翻訳祭プログラム発表される

jtf-festival-160922

2016年11月29日(火)に開催される第26回JTF翻訳祭のプログラムが発表されました。

今年の翻訳祭は昨年とは違うらしい、という声を春から耳にしていました。何が違うのか。実行委員がほぼ翻訳者で構成されていること。そんな第26回JTF翻訳祭のプログラムが先日(昨日?)発表されました。

まだ詳細が発表されていないプログラムもあるようですが、昨年と比べて翻訳者の立場として気になるものが増えていると感じています。

第25回JTF翻訳祭(昨年)

翻訳祭に行ったのは昨年が初めてでした。事前にプログラムを確認した際、個人的に強く惹かれるものが少なかったと記憶しています。実際のところ、ただ一つのプログラムを楽しみにして行ったくらいです。

プログラム全体を見て感じたのは、機械翻訳に関するタイトルが多いなということ。機械翻訳についての講演なりパネルディスカッションなり、あまり興味をそそられませんでした。見るべきだったと後悔したパネルディスカッションはひとつありましたが。

機械翻訳がどのようなものなのか、翻訳業界に関わる多くの方がすでにご存知と思われます。講演やパネルディスカッションを聞いたとしても、機械翻訳に対する自分のスタンスが変わることはないと考えます。それより、翻訳そのものについての話を聞き、学びたいのです。

第26回JTF翻訳祭(今年)

翻訳者の方の対談/パネルディスカッションや特定の翻訳分野に関する講演が多く、翻訳者のためのプログラムという印象を受けました。うれしいことです。昨年はひとつを除いて残りの時間はどうしようかと悩んだほどでしたが、今年はこれも気になるあれも気になるといった具合に良い意味で悩みそうです。

間もなく個人的に小さな区切りがつく予定でいます。翻訳者としての考え方、質の高い翻訳を実現すること、そのためにどのような学習や活動をすべきかなどをポイントに参加プログラムを検討しようと思っています。


コメント

コメントを残す