Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

24時間テレビ 好きではないが、続ける意味はある

24-hour-tv

今や夏の風物詩ともなっている「24時間テレビ」。賛否両論あります。私は好きではありませんが、否定はしませんし、続ける意味はあると思っています。勝手な考えを書いてみました。

好きか嫌いかと聞かれれば、嫌いです。24時間テレビどころか、日本テレビ自体が偽善的に見えてきます。もしかしたら偽善でないかもしれませんが。どっちかは分かりません。

この番組、この企画に対する意見はいろいろありますが、どのようなところが問題なのでしょうか。多くの人の気に障るのはどのようなところなのでしょうか。どうすればよりよいものになるのでしょうか。単なる批判では意味がありませんので、できるだけ建設的に考えてみたいと思います。

賛否

この番組については、肯定的な意見と批判的な意見がよく聞かれます。ネットでもいろいろ書かれています。

大まかにまとめると次のようになると思います。

肯定的意見
募金で助かっている人たちがいる。
障害者への理解が高まる。
難病について認知度が上がる。
純粋な気持ちで出演している芸能人も中にはいる。
純粋な気持ちで番組を見て感動している人がいる。
批判的意見
番組が偽善的だ。
チャリティー番組と言いながら出演者へのギャラが発生しているのはどうなのか。
障害者を出しにしている。
障害者の本当の苦しみはいっさい伝わらない、伝える気がない。
障害者を美化した番組の作りをしている。(善人もそうでない人もいるはずだ。)
病気と闘っている人を出しにしている。

乱暴にまとめるとすれば、偽善的かどうかという一言に尽きるかと思います。

募金額の大きさは無視できない

やはり一番のポイントは募金額の大きさではないでしょうか。毎年億単位で寄附金が集まります。寄附金の使われ方については、24時間テレビチャリティー委員会のWebサイトで紹介されています。

上記Webサイトを見ると、経費を一切差し引くことなく、全額、「福祉」「環境」「災害復興」の支援活動に活用しているとのことです。それぞれに対して本当に必要なところに使われているか、使い方が効果的か、などについては正直分かりません。が、経費を差し引いていないこと、つまり寄附金がタレントへのギャラなどに回っていないことは事実のようです。

タレントへのギャラ

そうは言っても、一番問題視され、一番批判されているのはタレントへのギャラでしょう。

ギャラが発生していること自体は悪いこととは思いません。ただ、額が大きくなれば問題視されたり、番組自体が疑問視されることはあるでしょうね。あとは各タレントの気持ちだと思います。そのギャラをどう使うか。中には寄付している人もいるかもしれません。

仕事だからギャラが発生している、という話も意見もあります。それも悪いことではないと思います。額にもよるでしょうけれど。ギャラをもらって仕事として出演し、涙を流している姿が善人ぶって見える、偽善者に見える点は仕方ないですね。

感動なのか利用しているのか

努力して、一生懸命生きている方々を映し、視聴者も出演者も涙を流します。みんな感動しています。

一生懸命生きている姿は本当に美しいものです。私も「一生懸命」「熱い心」は大好きです。本物であれば。

ただ、やはりどこか一生懸命生きている人を利用して涙を誘っているのではとか、タレントが好感度アップに利用しているとか、そんな風にも映るのです。

そこに局、番組制作者、タレントの計算、またタレントのわざとらしさが透けて見えているのかもしれません。

気にいらない点

これは私が「気にいらないなあ」と感じる点です。個人的に番組を見たくはないのですが、家族が見るため、食事の時など、折に触れ目に入ってきます。

  • 時期になると、あらゆるバラエティ番組にメインパーソナリティーのアイドルをゲストとして呼びまくる(目障りなほど)
  • チャリティーマラソンを走るタレントの練習風景を紹介したり、タレントたちが応援に駆け付ける風景
  • 徳光和夫の涙
  • タレントが募金会場に常駐しているかのように見せる演出
  • 番組の最後にしか出てこない加山雄三

それでも否定はしない、続ける意味はある

そんなこんなで、私は個人的には24時間テレビは好きではないし、ほとんど観もしません。しかし、否定はしません。

寄附金が集まり、助かっている人がいるという事実がある以上、やることの意味はあるでしょう。

いろいろなチャレンジに感動して、「自分も頑張ろう」と思え人がいるのであれば、放送することの意味はあるでしょう。

どんなことをしても、どんなよいことをしたと思っても、批判意見は出るものです。単なる批判であれば無視してよいと思います。正しいと信じることがあるのであれば、突き進むべきです。

ただし、建設的な意見には耳を傾けるべきです。よりよいものにしたいという気持ちがあれば、また正しいことをしていると信じて制作しているのであればなおさらです。

どうすべきか

たいした意見ではありません。個人的な戯言です。

  • メインパーソナリティーにジャニーズを起用しない
  • チャリティーマラソンという企画の必要性を再考する
  • チャリティーマラソンを「走ります」と言わざるを得ない状況は作らない
  • 徳光和夫は出さない、せめて涙している姿は映さない
  • タレントを「善人」に仕立て上げる構成はしない
  • 番組の最後にしか出てこないくらいなら、加山雄三は呼ばない

とつまらないことを書きましたが、本当に重要なことはこんなことではないかと考えます。

  • 障害を持っている方、難病を患っている方の意見を聞く
  • 障害を持っている方、難病を患っている方に偽善的と言われないような番組作りをする
  • 障害を持っている方、難病を患っている方や一般の視聴者が気分を害することなく観られる番組作りをする

いろいろ書きましたが、本当に正しいことをしようとしている人たち、一生懸命生きている人たち、応援しています。


コメント

コメントを残す