Com2 Blog

翻訳とWeb制作を基礎から分かりやすく学ぶ

2016年どうするか 年初に一応考えてみた

2016-saru

一年の「決意」や「抱負」などと書くと、あまりに仰々しく、一つ失敗した途端にすべて諦めてしまいそうなので、ゆるいタイトルにしてみました。

ブログ開設一年を迎えました。かといって、何のイベントもご用意しておりません。
ところで、年末から年始にかけて、2016年をどのように過ごすべきか考えてみました。

通信講座

先日、久しぶりに翻訳の通信講座に申し込みました。1日1時間ほど週5日で6か月くらいが目安のようです。まだ支払いなどの手続きは終わっていませんが、恐らく今月中旬以降には開始できると思われます。自分に足りないもの、必要なものはたくさんあるのですが、まずはその中から一つ選んで始めることにしました。何を選んだのか、気が向いたらお話しするかもしれません。

翻訳をこなす

コンテストでも勉強会でも適当に見繕った素材でも、まずは翻訳の数をこなし、幅を広げられるよう務めます。そのためにも前述の通信講座などが必要です。まずはフリーランスとして独立するため、どんな翻訳でも全力で取り組み、さらに新たなことへも挑戦する必要があります。

運動量を増やす

平日、昼間の9時間ほど(残業がない場合)を会社に拘束され、朝晩は通信講座などの学習や翻訳の仕事に充てると、くつろぐ時間や運動の時間を確保するのが困難になります。せめて、週末翻訳の際、1日1時間程度は歩く、走る、トレーニングするなど、運動の時間に充てたいと考えています。フリーランスになったら週5日は運動の時間を確保するのが目標ですが。

翻訳コンテストで入賞

昨年も、翻訳コンテストで入賞には届きませんでした。昨年のコンテストでまだ結果の出ていないものもありますが、自分の訳文を見る限り、入賞には程遠いと感じられます。今年こそは、さらに学習に励み、一つくらいは入賞したいものです。入賞するなら一番がいいですよね。今年は届くかな?

翻訳関連のイベントへの参加

昨年、初めてJTF翻訳祭に行くことができました。会社で上司に参加したい旨相談し、それが通ったのです。今年も、このような翻訳関連のイベントに参加したいと考えています。会社として行かせてもらうか、個人として参加するかは分かりません。また、地方に住んでいるため、「ちょっと行ってくる」というわけにはいかず、これもなかなか困難な目標です。

まとめ

どちらかというと、悩みこむ性格です。悩んでいてもしょうがないと分かっていても、悩んでしまいます。とはいえ、やること、やらなければいけないことがあまりに多いため、悩んでいる時間はありません。「気持ちの切り替え方」も学ぶ必要があると感じています。実はこれが私にとっては、一番必要であり、かつ難しい課題かもしれません。

それと、ブログもそれなりに更新していきたいですね。「翻訳が忙しくてそれどころではない」となれば、それはそれでOKですが。

といったところで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


コメント

コメントを残す